お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズシステムは、フランチャイズチェーンを実践する事業者(フランチャイザー)と、フランチャイザーに加盟する加盟店(フランチャイジー)が契約を交わし、同一のイメージのもとに共同で事業を実践する。
フランチャイザーは、フランチャイジーに商標、サービス・マーク、トレード・ネーム、これ以外の標識の使用を認める。
フランチャイザーは、フランチャイジーに経営のノウハウを指導し、フランチャイジーはフランチャイザーに対価としてロイヤルティ等の契約金を支出す。

コンビニフランチャイズと云っても、コンビニの数だけ経営方法が有る。
まず初めは、どこのコンビニを選定するかを決定させる事からはじめなくてはならない。
売り上げや店舗数の少なくないコンビニが良いと云うのであれば「セブンイレブン」が有る。
セブンイレブンのケースの場合、土地と建物は自身で用意するタイプと、土地と建物も本部で用意してもらうタイプが有る。
こうする事で、用意しなければならない開業資金の金額や、開業後に本部に支出するロイヤルティの金額が変わってくるようである。

雑誌では、≪FRANJA(フランジャ)≫と云うフランチャイズ情報誌が有る。
また、商業界と云う出版社が発行する≪日本のフランチャイズチェーン≫定期刊行物が有る。
ショー・フェアは、超有名なところでは日本経済新聞社主催の「フランチャイズショー&ビジネス・エキスポ」が有る。
インターネット上には、多種多様なフランチャイズ検索ホームページが有るが、日本フランチャイズチェーン協会でも「ザ・フランチャイズ」と云う検索ホームページを提供している。

契約内容で、契約が本部側に他方的に有利なものと為ってるケースの場合が有る。
解約したくても高額な解約金を取られるケースの場合も有る。
また、フランチャイズの加盟店を使用人のように扱う事業者も現実に実在している。
本部を選択する時に情報を集め、信用出きるところを選択する事が肝心である。
契約内容は、契約前に隅々までよく把握しておこう。

フランチャイズの加盟店側は本部と密に連絡をとるようにし、お互いに把握し合う事が肝心である。
そして、あくまでも別の事業者であると云う認識を失念してはいけない。
中には単なる誤解や、感情上のもつれによるものも少なくないのだ。



カテゴリ
タグ