お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズ、と云う言葉を耳にした事がおありだろうか。
プロ野球等の新聞記事やニューズで耳にする事がある人もいるだろうが、ここでは流通におけるフランチャイズの事である。

流通におけるフランチャイズとは、ビジネスモデルの一つで、他方がもう他方に対し、自己の商号や商標等を使用する権利、自己の開発した製品やサービスを提供する権利、営業上のノウハウ等を提供する事で、自己と同一のイメージの営業を行わせ、それに対しての対価を支出すると云うシステムで成り立つ事業契約である。

その内容は、これからフランチャイズビジネスをはじめようとしている人への情報提供。
また、フランチャイズビジネスをしている人にとってのスキルアップ。
そして、フランチャイズの本部側であるフランチャイジャーにとっても、更なる発展に向けたスキルアップ。
等、フランチャイズシステムにかかわる人全部を対象にした、教育や育成を目的とした活動がされている。

しかしながら、フランチャイズをはじめるに当たり、それ相当の開業資金が必要に成る事を失念してはいけない。
考えように拠っては、それだけの資金があれば自身のオリジナルカフェが経営出きるのも確かである。
それに、開業後も、カフェフランチャイズのケースの場合は、本部にロイヤルティを払い続けなければならない。
経営が苦しくなったからと云って、勝手にメニューの価格を変更する事も出きないから、常に落ち着いた経営が求めれる。

ただ、フランチャイズのケースの場合、その辺のフォロー体制もガッツリとキッチリとしているのが通常である為、敷居を高く実感する必要はないのだ。
アルバイト管理やシフト体制の整備等のノウハウにかんしても細部まで享受される為、知識の全くない状態でも運営出きる領域であるためす。



カテゴリ
タグ