お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズチェーン店を開業するまでのプロセスは、一つ一つガッツリと時間をかけて承知しながら進めていく事が肝心である。

まず、フランチャイズにかんして学ぼう。
インターネットには多種多様な検索ホームページや情報ホームページが有る。
フランチャイズの展示会や、フランチャイザーが主催する解説会に参加するのも良いだろう。
どの業種や業界がこれから成長し、事業として成就できそうかの展望も見定めよう。

フランチャイズシステムのフランチャイザーにとっての長所は、直営店を開設するよりも多くはない資金で店舗数の拡大をするのが可能な事と、優秀な人材を短期間で集めるのが可能な事である。
店舗の出店に必要な資金を加盟店に払わせる事ができ、事業拡大資金の節約に成る。
従業員の雇用もオーナーに任せる事ができ、時間とコストの削減に成る。
投下資金も短期間で回収出きると云う長所が有る。

フランチャイズ加盟店は、直営店とはちがい、本部とは別の事業者として独立した経営体である。
フランチャイズ加盟店となっても、自営業者である。
経営能力と主体性は必要である。
フランチャイズ加盟は事業の成就を保障するものじゃないのだ。
事業者本部も、経営に適した人を充分な審査のうえで加盟させる責任が有る。

点検項目としては、
・魅力を実感する会社である
・独自性が在り、競合他社との差別化が出きている
・革新性がある
・世の中で受け入れられている業種である
・これからの成長が見込める
・既存店の現実の売上が良い
・本部社員のマナーが良く信用出きる
等が挙げれる。

本部を選択したら、本部にアプローチをして、面接や審査を受ける事に成る。
以降のプロセスとしては、加盟店訪問、物件取得・立地調査、事業計画書作成等の手順になり、契約を交わする。
契約を交わしたら、研修を受け、店舗の内装工事とオープン準備をし、そして、晴れてオープンとなる。



カテゴリ
タグ