お探しの情報は見つかりましたか?

フランチャイズチェーンに加盟すると、加盟金を支出する事に成る。
この加盟金の定義は加盟店(フランチャイジー)が事業本部(フランチャイザー)から受けるフランチャイズ・パッケージへの対価として支払わなければならない金銭の総称と云う事に成る。
支出する時期に拠って大幅に二つに分類される。
内訳としては、契約締結時に支出する契約金、加盟金、加盟料等と呼称される金銭と、契約期間中に継続的に支出するロイヤルティである。

では、フランチャイズチェーンにはどのような店があるのだろうか?
1番に名前もしくは名称が挙がるのはやっぱり「コンビニエンスストア」である。
他にも代表的なフランチャイズチェーンと云えば、牛丼屋、居酒屋、コーヒー店等が有る。
飲食業が少なくない感じであるが、それ以外の業種も有る。

まず、フランチャイズをはじめようとする人にとって欲しい情報は、どのような業種が在り、具体的にどのような店が所有できるのかと云う内容である。
個々に拠って、お考えの経営方法は多種多様だろう。
個人でやろうとしているのか、法人でやろうとしているのか、また、自身の家でやりたいのか、サイドビジネスとしてやりたいのか・・・・・・これらの具体的な内容で比較して自身にピッタリのフランチャイズを検索する事も出きる。

製品を売る事業では、製品や材料が命であるが、フランチャイザーからのサポートを受けられ、コストダウンと落ち着いた仕入れが可能に成る。
販売促進や製品への付加価値はフランチャイザーが実践する為、その長所を受けながら経営に専念する事が出きる。

フランチャイズシステムは短所も有るが、途方もなく合理的な事業システムと云えるだろう。



カテゴリ
タグ