お探しの情報は見つかりましたか?

ローソンではフランチャイズ店舗オーナーを募集している。

ローソンのフランチャイズシステムは3つの契約タイプに分類される。
FC-C5タイプとFC-Gタイプは土地や建物が用意出きない方に、既存の店舗や新規オープン予定の店舗をローソン側が用意し、店舗オーナーとなるシステムである。
FC-B4タイプは、オーナーが土地と建物を用意し、また店舗建設と内装費用も全部負担するシステムである。

つまり、ウチと全く同じ店を出しても良いし、援助もするから、その代わり売り上げの一部を支出して欲しい、と云うシステムである。

これは本部-支部の上下関係とはちがい、共同事業である為、そこに公的な上下関係はないのだ。
更に、共同経営でもない為、フランチャイズの契約を交わした事業者同士はおのおの独立した店であると云う事に成る。
ここが大きなポイントである。

本屋、カー用品店、学習塾等もそうである。
業種で分別するとしたらサービス業や小売店、飲食業と云った所がフランチャイズチェーンと云うようである。

フランチャイズ契約書を交わす際には、内容を充分に詠み、把握して、不明におもう部分があれば、本部にキッチリと承知が足を運ぶまで解説を受ける必要が有る。
もし懸念におもう部分があるのであれば、専門家が対話に応じてくれる為、その様な人の力を借りるのも良いかも知れない。



カテゴリ
タグ