月別記事一覧

トーマスジェニファーの日記というわけなのです。

月別アーカイブ:2020年09月

  • 日記

    日本のフランチャイズビジネスはチェーン数・売上高共に右肩上がりである。小売業や外食産業、サービス業等、街には多種多様なチェーン店を目にする事が出きる。フランチャイズビジネスが社会に於いて果たす意義は…

    記事を読む

  • 日記

    フランチャイズを活用する店で殊更に少なくないのがサービス業であるが、その中でも意外と少なくないのがクリーニング店である。では何故クリーニング店が少なくないのかと云うと、クリーニング店は消費物を扱って…

    記事を読む

  • 日記

    フランチャイズチェーンに加盟すると、加盟金を支出する事に成る。この加盟金の定義は加盟店(フランチャイジー)が事業本部(フランチャイザー)から受けるフランチャイズ・パッケージへの対価として支払わなければな…

    記事を読む

フランチャイズとは コンビニ

日本のフランチャイズビジネスはチェーン数・売上高共に右肩上がりである。
小売業や外食産業、サービス業等、街には多種多様なチェーン店を目にする事が出きる。
フランチャイズビジネスが社会に於いて果たす意義は大幅に為ってる。
フランチャイズに加盟する事で個人の事業参入が容易になり、雇用の拡大にもつながりた。

何故飲食店を薦めるのかと云うと、1番身近な実在だからである。
どう云う風な店で、どう云う挨拶をし、どう云うメニューが在り、どう云う装飾で、どう云った雰囲気なのか――――そのような店のイメージが途方もなくしやすいのが、この飲食店である。

飲食店にとっては「売れる場所」と云うものが有る。
「どのような場所でもおいしければ繁盛する」と云う事はないのだ。
地域の客層、商圏人口、周辺地域の状況等をマーケティングして成就する確率の高い立地を選択する必要が有る。
マーケティング力のあるラーメン・フランチャイズチェーンに加盟する事で、適切な立地での店舗確保や客層に応じたメニューを決定する事が出きるだろう。

店の質は従業員の質で決定する。
質の良い従業員を揃える事は「売れるための条件」である。
何者がやってもおいしければ繁盛するわけでもないのだ。
従業員の力量と感じの良さで、店の回転やお客さんの店へのイメージがちがってくるのだ。
ラーメン・フランチャイズチェーンのブランド力があれば、人材も集まりやすくなる。

他にも、「フランチャイズ経営士」と云う資格取得に対する講座等、が大展開されており、フランチャイズに対する意識を高める活動が熱心に取り組まれている。
日本フランチャイズチェーン協会から、フランチャイズのスペシャリストとなる情報を仕入れてみてはどうだろうか。



[PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス

  • カテゴリ
    タグ

    フランチャイズプレーヤー 野球

    フランチャイズを活用する店で殊更に少なくないのがサービス業であるが、その中でも意外と少なくないのがクリーニング店である。
    では何故クリーニング店が少なくないのかと云うと、クリーニング店は消費物を扱ってる訳でもなく、そして生活に密着した店だからである。
    1度買い付けたらそれで終わり、と云うものじゃない為、1人、一家庭の顧客を抱いたケースの場合、途方もなくの確率でリピーターとなってくれる。
    そのリピーターを増やしていけば、業績は落ち着くるのだ。
    そして、生活に密着している為、景気の悪影響がおもったより多くはない業種でもあるのである。

    スターバックスアメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本社を構えるコーヒーのチェーン店で、現状世界30ヶ国に大展開する特大企業で、日本には1996年に第1号店を出展した。
    以降次々にフランチャイズ大展開を続け、国内のチェーン店の数は600を超越するまでに到りた。
    それはつまり、各県に平均10を超越するスターバックスのフランチャイズチェーン店があると云う事である。

    まず、フランチャイズのロイヤルティは3つの決定方法が有る。
    一つ目は≪儲け≫に対して割合を設定する方法。
    二つ目は≪売上≫に対して割合を設定する方法。
    三つ目は割合を設けず一定の金額を支出する方法、と為ってる。
    これらも契約に拠って変わってくる為、どれが言いと云う決断は自身であるるしかないのだ。
    ただ、風潮はハッキリしている。

    例を挙げると、一つ目の≪儲け≫に対しての割合と云う方式は、コンビニエンスストアのフランチャイズにおおくみられる。
    その割合は、ざっくり40から70%と云われており、割と幅が広いものである。
    50%前後であれば、相場から観てまずまず、と考慮して良いのかも知れない。

    フランチャイズビジネスをはじめる為には、まず初めは業種選びがポイントに成る。
    それまでの経験を活かした業種にするのか、自身がもってる知識を活かせる業種にするのか、自身の個性に合った業種にするのか・・・・・・。
    こうして業種を絞り込んだ中で、更に、その業績や経営内容、経営方針等を吟味する必要が有る。
    勿論、契約するのに資金が必要に成るから、その資金が幾ら必要なのかも気付いておかなければならない。
    開業後に落ち着いた経営をしていく為に重要な本部選びは、相当の情報による下調べで確実に行なおう。




    [PR]
  • バッグ メンズ 人気
  • スニーカー レディース 人気
  • マスク 50枚
  • 父の日 ギフト
  • リュック レディース ビジネス

  • カテゴリ
    タグ

    フランチャイズチェーン店

    フランチャイズチェーンに加盟すると、加盟金を支出する事に成る。
    この加盟金の定義は加盟店(フランチャイジー)が事業本部(フランチャイザー)から受けるフランチャイズ・パッケージへの対価として支払わなければならない金銭の総称と云う事に成る。
    支出する時期に拠って大幅に二つに分類される。
    内訳としては、契約締結時に支出する契約金、加盟金、加盟料等と呼称される金銭と、契約期間中に継続的に支出するロイヤルティである。

    コンビニフランチャイズと云っても、コンビニの数だけ経営方法が有る。
    まず初めは、どこのコンビニを選定するかを決定させる事からはじめなくてはならない。
    売り上げや店舗数の少なくないコンビニが良いと云うのであれば「セブンイレブン」が有る。
    セブンイレブンのケースの場合、土地と建物は自身で用意するタイプと、土地と建物も本部で用意してもらうタイプが有る。
    こうする事で、用意しなければならない開業資金の金額や、開業後に本部に支出するロイヤルティの金額が変わってくるようである。

    まず、フランチャイズのロイヤルティは3つの決定方法が有る。
    一つ目は≪儲け≫に対して割合を設定する方法。
    二つ目は≪売上≫に対して割合を設定する方法。
    三つ目は割合を設けず一定の金額を支出する方法、と為ってる。
    これらも契約に拠って変わってくる為、どれが言いと云う決断は自身であるるしかないのだ。
    ただ、風潮はハッキリしている。

    例を挙げると、一つ目の≪儲け≫に対しての割合と云う方式は、コンビニエンスストアのフランチャイズにおおくみられる。
    その割合は、ざっくり40から70%と云われており、割と幅が広いものである。
    50%前後であれば、相場から観てまずまず、と考慮して良いのかも知れない。

    経験を積む事で、コンビニ経営のノウハウがわかり、これが自信につながり、そして開業の夢も果たせると云う有り難い制度を設けているコンビニもあるのである。



    [PR]
  • バッグ レディース 人気
  • スニーカー メンズ 人気
  • マスク 日本製
  • ピッタマスク
  • リュック メンズ

  • カテゴリ
    タグ
    このブログはSEOに強い無料ブログテンプレート で作られています。
    Copyright © トーマスジェニファーの日記 All Rights Reserved.

    テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます